ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール

ブラックジャックの基本的なルールと概要

ブラックジャックとは、トランプで行われるカードゲームの一種で、カジノでは圧倒的な人気を誇ります。プレイヤーはディラーと1対1で勝負をしますが、プレイヤーが複数場合はディーラー対複数の各プレイヤーが同時にプレーを行っていきます。基本的に、ディーラーとプレイヤーでカードを配り、手元のカードが21に近かったほうが勝ちとなります。

・使用カード:ジョーカーを抜いた52枚(デッキ数はカジノによって様々)

・基本的なルール:ディーラー対プレイヤーでカードを配り、手元のカードが21に近かった方が勝ち、同じ数だった場合引き分けとなる

点数の数え方

ブラックジャックでは、カードの点数の数え方が一般的なトランプとは少し異なります。「A」は、1または11点でカウントをしますが、手元にAが来た場合、1か11どちらか都合の良い方で数える事が出来ます。2〜9はその数の通りの点数でカウントを行います。10、J、Q、Kは各10点カウントとなります。

・A・・・1点または11(都合の良い数え方を選択できる)

・2~10・・・数字通りの数え方

・J、Q、K・・・10

カードの呼び方

2から10はそのままですが、10は「Ten=テン」、または「テンカード」と呼びます。また、J、Q、Kについては絵が描かれている事から、「ピクチャー」と呼ばれる事も有ります。

1デッキの中に「テンカード」は比較的多く存在する事から、確率的に「テンカード」が出るとラッキーとされています(テンカードが2枚で20、テンカードの次にAが来たら21と、強いハンドとなるため)。

ゲームの進め方

テーブルにつき、ディーラとプレイヤーにカードが配られます。
プレイヤーの目標は手持ちカードの合計数が21を超えない様、手持ちカードの合計数をより21に近づけたうえで、ディーラーの点数を上回る事でプレイヤーが勝ち、同点の場合は引き分けとなります。

使用されるカードはジョーカー以外の52枚を使用し、各プレイヤーとディーラーは初めに2枚ずつのカードが手持ちカードとして配られます。

プレイヤーにカードを配り終えると、ディーラに追加のカードを配ります。ディーラーは16点以下である場合、必ずヒット(カードを引く)しなくてはならず、17点以上であった場合には必ずスタンド(これ以上カードを引かない)しなくてはなりません。

最終的に、ディラーとプレイヤーを比べて勝敗を判定します。ディラーが勝った場合にはプレイヤーの掛け金は没収され、プレイヤーが勝った場合には賞金を受け取る事が出来ます。

ブラックジャックのルールと用語

・ブラックジャック
最初に受け取ったカードがAと10の場合「ブラックジャック」となり、ディーラーがブラックジャックでない限り、受け取った人の勝ちとなります。

・スタンド
カードの追加をストップし、手持ちのカードで勝負をすること。

・ヒット
手持ちのカードに加えて1枚追加すること。

・バスト
手持ちカードの合計点数が21を超えること。

・ダブル
掛け金を倍(=ダブル)にして3枚目のカードを引くこと。ダブルをすると、それ以上カードは引けなくなります。

・スプリット
初めに配られたカードが同点数の場合、ハンドを2つに分ける事を言います。分割後はそれぞれに次のカードをひく事が出来ます。ただし、2つ目のハンドに関しても1つ目のハンドと同額の掛け金が必要となります。

・インシュランス
ディーラーから配られたカードがAだった場合、最初の掛け金の半額を追加する事でディーラーがブラックジャックであることに対して保険をかける事が出来ます。ディーラーがブラックジャックだった場合、最初に賭けた保険は失う事になりますが、保険金の2倍の金額を受け取る事が出来ます。ディーラーがブラックジャック出なかった場合は保険としての掛け金は没収される事になります。

・サレンダー
プレイヤーの持ちカードが悪く勝ち目がないと判断した場合は、掛け金の半額を放棄する事でゲームを途中で降りる事が出来ます。

・ハンド
手持ちカード

・プッシュ
引き分け

ブラックジャックの配当

・ブラックジャック(Aと10)で勝った場合・・・1.5倍の配当

・ディーラーよりも自分のハンドが「21」に近く、勝った場合・・・1倍の配当

・引き分けの場合・・・賭け金返却

・ディーラーとプレイヤー共にバーストした場合・・・ディーラーの勝ちとなり賭け金没収